乾きにくい綿製品は避けましょう。


○下着は速乾性があるポリエステルなどの化繊の物を着用をお勧めします。汗を掻いても体を冷やす事が無く快適です。綿製品は汗を掻くと乾きが悪く体を冷やしますので避けましょう。
最近、大型量販店でも化繊の下着が低価格で販売していますので、化繊の下着をお勧めします。

○中間の防寒着としては、保温力があるが、熱を逃がすこともできるフリースがよいでしょう。

○一番上(外側)のアウターウェアには防水、耐久性が必要で、スキー・スノーボードウェアなどが使えます。その他、ゴアテックス(防水透湿性素材)などの汗を逃がす素材でできた登山ウェアやレインウェアも大丈夫です。※耐久性のないカッパや、ウインドブレーカー、ジャージ、トレーナー、ジーンズはアウターには不可です。歩き出すとすぐに体が温まりますので、体温調整(脱ぎ着)ができるようにしましょう。


ダウンウェアはスノーシューにはあまり適していません。
保温力が高すぎて汗をたくさんかいてしまい、汗が冷えると寒くなってしまいます。
またダウンウェアは水に弱いという弱点もあります。
ただスペア―のギアとしてザックに薄手のダウンを持っていくことは、お勧めです。
※基本的にアウターにダウンウェアのみは不可ですのでご注意ください。

ウェアをお持ちでない場合、フォレスト&ウォーターでレンタルすることが可能です。

その他グローブ・帽子はスノーシューの服装(小物編)をご覧下さい。