帽子、グローブは必須アイテムです。

○帽子(ニット帽)
風に吹かれると、体温は頭や首からどんどん逃げていきますので、帽子、ニット帽はしっかり用意しましょう。
耳は非常に冷えやすいので耳までしっかりカバーできる帽子をお勧めします。
寒がりの人は首に巻くネックウォーマーやマフラーなどもあるといいですね。暑くなってきたら外せば、簡単に体温調整出来ます。
○グローブ
防水性必須です。スキーやスノーボード用があればいいでしょう。
代用品として軍手などはやめましょう。軍手は網目も粗く風を通します。素材も木綿でできているので濡れると乾かずに、どんどん指先を冷やし霜焼けや凍傷になる恐れがあります。

○サングラス(ゴーグル)
晴れている日は雪が反射して眩しいので、目を保護する為に必要になります。
吹雪いてる日などは目を開けていられないこともあるので、やはり必要になります。
サングラス、ゴーグル、どちらでもいいのですが、ゴーグルの場合は汗で雲って見えなくなることがあります。晴れてる時は暑いでしょう。
その汗が凍り付いてしまう事がありますので、汗をかきすぎないように注意しましょう。

 


〇スパッツ
登山靴で雪上を歩く場合、スパッツを靴とズボンの上に付けると、靴への雪の侵入をより防げます。

お持ちでない場合、すべてフォレスト&ウォーターでレンタルすることが可能です